Windows 10への無償アップグレード出来る有効期限

Windows 7搭載以降なら2015年7月29日にリリースされたWindows 10へ無償アップグレードが出来るらしいです。

現在、HPのウルトラブック(Core i7-3537U、メモリ8GB)をWindows 8.1で使用中で、「タスクバーにWindowsアイコンで通知される」らしいとの事だったのですが、うちのPCにも通知されました。

これで、Windows 10無償アップグレードの予約が出来る状態になりました。

スポンサーリンク

Windows 10って無償なの?

やっと慣れてきたwindows 8.1からWindows 10にアップグレードする必要性があるのか、アップグレードした方が使い易くなるのか今の時点では分かりませんが、「無償」って文字に心が動かされそうな感じです。

Windows 10 Q&Aによると、

PC 製造元から認定された Windows 7 SP1、Windows 8.1 Update、Windows Phone 8.1 のいずれかのデバイスをご利用のお客様に限り、Windows 10 に無償でアップグレードできます。無償アップグレードの有効期間は、Windows 10 の提供開始後 1 年間となります。アップグレード後、Windows 10 をご利用いただけます。

via:Windows 10 の FAQ とヒント – マイクロソフト

と、無償アップグレードの有効期限は提供開始後1年間なので、慌ててアップグレードせずに様子を伺えそうです。

Windowsアイコンをクリック

とりあえず、タスクバーにあるWindowsアイコンをクリックしてみると、お馴染みのツアーが始まります。

Windows 10 Upgrade AdvisorでPC診断

あまり意味は無いと思いつつ、左上のメニューボタンから「PCのチェック」が出来ます。

さいごに

周辺機器などの対応も気にしないといけないと思いますが、今のところは問題ないと思われます。

結果的にはアップグレードはしなくても良かった様な気になっています。と言うのは、起動にかかる時間が増え残念な感じです。

PCの性能や設定の影響かも知れませんが、以前は電源を入れて(スリープではなく)机に座ると直ぐに使える状態だったはずが今は待たされる時間があるんですね。

個人的にはアップグレードして良かったと感じるところは、残念ながら今のところ無いです。急いでアップグレードする必要性は感じないですが、これと言って困ったという訳ではないんですが。

Windows – マイクロソフト

また、ダウングレードも可能な様ですので、アップグレードする前に確認する事をお薦めします。

PC の動作が以前よりも遅くなったり不安定になったりした場合は、ここで説明する回復オプションのいずれかを試してください。

via:Windows10の回復オプション