室内にてHybrid 4G LTEをソフトバンク 302SHで速度測定

SoftBank 201MからSoftBank 302SHへ機種変更して、自宅マンション1階室内とマンション廊下にて速度測定をしてみました。

あくまでも速度測定は参考にする程度で、大事なのは「体感的な速度」なのではないかと思っています。場所や曜日や時間帯など電波状況に左右される事は当然ながら、PCと同様に端末自体の差など人それぞれの環境によって全く違うでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

前機種のSoftBank 201Mは、外であればSoftBank 4G(AXGP)の電波を拾って快適に通信出来ていたのですが、自宅に戻ると全く使い物になりませんでした。

今回の測定では室内でも測定出来ましたが、前端末のSoftBank 201Mでは、電波(2.5GHz帯)の性質の為なのか、同じ環境でも残念ながら窓際でないとSoftBank 4G(AXGP)の電波を拾ってくれなかったので、当たり前に室内でも速度測定出来る事にSoftBank 4G LTE(FDD-LTE)の恩恵なのかな?と感じます。

SoftBank 302SHの速度測定

同じキャリアでもiPhone 5シリーズにしておけば、こんな事もなかったとは思いますが…。iPhone 4の頃から使い物にならない時期も知っているので普通に使えるだけでは満足出来ない。どんどん改善されていくプロセスが非常に楽しい。

測定条件

日時:2014/04/05(日)のAM9時過ぎ
測定場所:マンション1階室内と廊下
測定回数:それぞれ1回だけ測定

測定結果

当然、ばらつきはあるんでしょうが、さすがに室内でも快適だと思いました。これなら外出先でも安心して使えそうです。平均値などまた追記出来ればと思います。

自宅ではWi-Fiを利用するから通信が出来なかったり、遅くてもいいんです!では使い物になりません。

外出先でも快適に使えないと意味がないですから。

室  内 廊  下
ダウンロード 26.23Mbps 33.95Mbps
アップロード 2.48Mbps 8.69Mbps

速度測定20140405004

▼左:室内|右:廊下

さいごに

SoftBank 201Mの時は、SoftBank 4G(AXGP)で60Mbps近い数字が出ていた時もありましたが、一瞬的な速度は自分には必要ありません。個人的には連続して安定的な通信が出来る環境が必要だと思います。

60Mbps近いのあの結果も最初だけでしたが…。

ソフトバンクさん!お願いしますねっ!

使用したアプリ

Speedtest.net
Ookla
価格:無料

iPhone 4の時に比べると、今は速度測定をしても針の動きを見ていても気持ちいいですね。今後は900MHzでLTEがどれだけ使える様になるのが個人的に楽しみです。

SoftBankサービスエリア

通信・エリア | モバイル | ソフトバンク