初めてのマイクロフォーサーズLUMIX G6を使ってみた感想

色んなカメラを使いたいので、APS-C、2/3型、フルサイズ、そして4/3型で4つ目のセンサーサイズに突入して、マイクロフォーサーズの存在価値を実感する事となり、お散歩にも対応したレンズ交換式カメラだと感じた話です。

またまた買っちゃいましたね、カメラ。

公式リンク LUMIX DMC-G6 | Panasonic

デジタル一眼ならニコン D5は無理でもニコン D500やD810、ゴルフクラブならダンロップ ゼクシオのフルセットを買えるお金は十分に使っています。

ついに我が家にミラーレス一眼がやってまいりました。 以前からデジカメには興味はあったんやけど、高価なデジカメを購入...
こんなタイトルで書いていますが、自分はカメラ初心者です。 で書いた様に、よく分からないけど、APS-Cセン...
タムロンの高倍率ズームレンズの18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD(B008)を使ってみた後に...

笑えない、けど楽しいので笑える。ところで、

中古でパナソニックLUMIX G6を買って暫く経つ訳ですが、予想外に最近は殆どがこのカメラです。とにかく小さくて軽い。

既にボディとレンズが3本あるのですが、交換レンズも軽いのでお出掛けに全部持ち出しても苦にならず小型軽量の威力を感じています。

LUMIX G6は、パナソニックから発売されたミラーレス一眼で、初めて買ったフジフイルムX-A1と同じで2013年発売の様です。

当時は全く興味が無かったカメラやけど、X-A1を買う時にLUMIXを案内してくれたパナソニックの販売員さん、中古やけど買っちゃいましたよ。LUMIXのミラーレス一眼。

Nikonのデジタル一眼レフを使っているなら、Nikon 1 J5じゃないの?って感じですが、そこは興味本位でPanasonic LUMIXになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LUMIX G6って全部入りのミラーレス一眼で機能は十分

フジフイルム X30も普段使いやお散歩やお出掛け時も必要以上に活躍してくれるお気に入りのコンデジでしたが、マイクロフォーサーズも導入してみました。

世の中ではLUMIX G8が発売とかの頃で、G6の仕様から判断して中古のボディを2万円ほどで購入。

元々、APS-Cのデジタル一眼を買うと決めてカメラのある生活が始まった訳やけど、自分にはマイクロフォーサーズって機能も豊富で予想以上に良いんじゃない?と感じた。

ボディもレンズも小さく軽い。なで肩の感じがライカのR8やR9に似てるとか似てないとか個人的に思ったりして。

使ってる内に印象は変わっていき、なで肩のボディがやたらとお気に入りになってしまった事が驚きです。いいですね、LUMIX G6。

マイクロフォーサーズのミラーレス一眼を使ってみる訳

フジフイルム X30と比較してみて

それまで日常的にカバンに入れて使っていたフジフイルムX30は、1型のコンデジよりも小さい2/3型で、焦点距離は35mm換算で28mm~112mm。APS-Cのレンズ換算では、約18mm~75mm。

image

超広角域は無理でも標準的な広角から使える4倍ズームレンズ。

2/3型とか気にもならない画質で、明るく広く見易いファインダー搭載で個人的にはJPEGでも綺麗で普段の撮影には全く問題のない出来過ぎのカメラ。

image

夜景も手持ちでこれだけ撮れたら嬉しい限りです。コスパではどうかと感じるけど、フジフイルム X30はルックスや操作が気に入ったので選んだ訳ですが、最近のカメラではこんな程度の写真なら簡単に撮れるみたいですね。

フジフイルム X30にはf値が2.0~2.8の明るいフジフイルムさん渾身のフジノンレンズだそうで、広角端では約1cmから使えるスーパーマクロも時には便利で楽しい。

当然ながらもっと望遠域を撮りたい時はどうしようもない。というか、そういうカメラではないです。

多少は超解像ズーム(35mm換算で224mm相当)やトリミングでも対応出来るけども、レンズ交換式カメラの醍醐味が無い。

レンズ交換式カメラの醍醐味は合体変態

ここでフジフイルム X30の話をしてる場合じゃないですが、クルッ、カチッ。って合体変態が出来ないんですよ。分っていますが。

日常はiPhoneやコンデジで十分なんですが、被写体が変われば使うカメラもレンズも変わってくるし、レンズを交換したくなる時があるって事ですね。

合体変態したいっ!

APS-Cのデジタル一眼でもボディが小さく軽いモデルもあるんです。でもレンズは一部を除いてそれなりに大きく重いんですよね。

使い方や撮影スタイルによっては重かったり嵩張ったりと感じるんです。

でも4/3型のレンズって小さくて軽いのが特徴です。

image

このLUMIX G VARIO 45-150mm / F4.0-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.という望遠ズームレンズは、35mm換算で90mm~300mm。

ニコンでいうと、AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR IIとほぼ同じ焦点距離になりますが、これより100gほど軽いたったの200gです。

image

ボディはLUMIX G6(3.0型)と同じバリアングル液晶を搭載した小型軽量のニコン D5500(3.2型)より80g、D5300(3.2型)より140gほど軽い。

パナソニック LUMIX G6で試し撮り

奈良の平城京跡地で撮ってみました。流石に超広角レンズを使いたくなる状況ですが、無いので標準ズームレンズで撮ってます。

マイクロフォーサーズなので、フルサイズやAPS-Cより被写界深度も深い為、風景写真の場合は絞らなくてもパンフォーカス的な表現には向いているのかな?とか難しい事を思ったり、こんな写真ならiPhoneでもいいのでは?とか思ったり。

image

次は近所のお寺で撮ってみたJPEG撮って出しをスマホのアプリで下手な加工をしてみました。

パソコンの大画面モニターで専用ソフトを使うのではなく、iPhoneの画面サイズなので加工の真似事ですが、JPEGとはいえ結構変化があるんやね!と感じた時でした。

image

レンズ一本でこの差なので、他の荷物と複数のレンズを持ち出したい場合はかなり軽くなる事が、自分の場合は非常に助かります。

さいごに

カメラとしてはフルサイズに太刀打ち出来ないでしょうが、問題なく綺麗な写真を撮れるんじゃないでしょうか。

万人にとってフルサイズのカメラが一番適してるって事ではなく、実際に使ってみて何に満足するのか人によって違うと感じました。

個人的には持ってるレンズは全部持ち出したいので、レンズを含めた大きさも重さも撮影スタイルに左右されますが、お出掛け(お散歩カメラ)重視でマイクロフォーサーズ導入したという話でした。

お出掛け(お散歩カメラ)に限らず、余程の制限が無ければ必要十分なカメラと感じました。

どのカメラを触ってもどのカメラで撮っても楽しい。カメラのスペックによる優劣では無く、カメラも人間も適材適所ってあるんですね。

LUMIX G6でも十分に楽しめるのですが、後継機も少しだけ気はなります。

公式リンク LUMIX DMC-G7|Panasonic

公式リンク LUMIX DMC-G8|Panasonic

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!