中古のカメラとレンズで今後もカメラを楽しみたい

2018年が始まりました。仕事もしっかりとやらないといけないけど、カメラライフもまだまだ迷走しながら楽しみたい。

初めてのデジタル一眼とやらを買おうと思った事が始まりで、訳も分からずにFUJIFILM X-A1を買ってからもう3年。

お正月なので、お酒を呑みながら、マイクロフォーサーズマウントのLUMIXを触りながら、過去を振り返りながらダラダラと書いてます

使ったカメラを全部は書けないかも知れないけど。

スポンサーリンク

過去3年間に使ったカメラを軽く振り返ってみる

FUJIFILM X-A1(新品)

シャッターを切れば、とにかく綺麗な写真が撮れた。それまでは、殆どiPhoneやから、画像を拡大しても綺麗し、「デジタル一眼ってこんなに綺麗に撮れるのかぁー。」って、正直びっくりしたよ。

モードダイヤルを「SP」にして撮るだけなんですが、いかにも超初心者らしい感想ばかり。あと、驚いた事は、解像感っていうんでしょうか?

撮った写真はパソコンで見る事が多いので、拡大しても「こんなに撮れてるんや、すげぇーなぁー。デジタル一眼って。」

恥ずかしいばかりの感想ばっかりでしたね。

この頃の世間では、FUJIFILMのミラーレス一眼は、いまいち人気が無かった様に思えたけど、内心では、「こんなに綺麗に撮れるのに?」って不思議でならなかった

Nikon D5100(中古品)

一眼レフが気になった事と「Nikonの一眼レフやからFUJIFILMのミラーレス一眼より綺麗に撮れるんだろうな?」って思ってた時に店頭で見掛けて買った中古のNikon D5100。

超・初心者で撮り方が撮り方だから、正直なところ、オートモードで撮ってたFUJIFILM X-A1の方が、絞り優先モードで撮ってたNikon D5100より綺麗に撮れた。

初めての感想が「全然、綺麗に撮れないやん。」

本当に、情けない感想でした。自分の下手くそ加減をカメラのせいにしていた自分が恥ずかしい。書くのも恥ずかしい。

絞りを変える事を知った。(゚д゚)!

この頃から、マニュアル露出の事など、少し理解出来る様になった(つもり)のかも。こうなると、ツーダイヤルでマニュアル露出をしたくなって中級機が気になった事を思い出した。

気分だけ、脱・初心者

設定の操作が違うだけなんやけど、自分で露出を操作している感じが凄く満足。この時は、不慣れやけど、ツーダイヤルの方が使い易いって感じた。

Nikon D7100(新品)

FUJIFILM X-A1で撮り始めた時と比べると、被写体が飛んでる鳥や飛行機、鉄道に変わり「連写命」みたいに撮りたくなりNikon D7100で無駄に連写してました。

とにかくカメラ任せで、露出や構図や撮り方なんてどうでも良く(当時は撮り方が分からない…)、何も考えずにシャッターを切っていただけ。

初めて使う子供でも撮れる様な写真の量産ばかり。

撮っているというより、全てカメラに撮ってもらっていただけでした。今思えばもったいないです。

ド素人でもちゃんと撮ってくれるカメラ、凄い性能です。

ただ、望遠で撮ってる時でも問題ないんやけど、自分の撮影スタイルからすると、(望遠レンズがメイン)大きくて重きいから、お出掛け時に持ち出すのは、ちょっとしんどかったりもした。

でも、撮ってて一番楽しいカメラは、コレ。

Nikon D7200(新品)

Nikon D7200への興味は、D7100で連写するしか能が無い時の興味。更に、能無しに?

それは、連続撮影時のバッファ増強です。これだけ。撮影速度が落ちた時の虚しさから解放されるのか?

画像処理エンジンの進化や高感度特性の向上とかより、バッファ増強への期待だけで買ってみたけど、自分の技量の方が頭打ちで情けない。

望遠レンズでの撮影にしか興味は無く、結局、カメラ機材を背負って出掛けるには重さに負けてしまう自分。

そう、根性なしなんです。

世の中には、もっと凄い機材を背負って出掛ける人もいるのに。

で、軽いカメラに再び興味が。

FUJIFILM X30(新品)

望遠に興味を持たなければ、APS-CのFUJIFILM X-A1で十分だったはずなのに、更に小さい2/3型というサイズにまで手を出す。

決してコンパクトとは言えないけど、比較的に明るいレンズ搭載で、センサーサイズが大きいや小さいとか全く気ならない写真が撮れるコンデジで、サブどころか自分にはメインでも全く問題がないカメラでした。

自分が、スナップ写真や近い距離の被写体を撮るから、大きいセンサーサイズのカメラは必要ないと思った。

作品にする様な写真は撮れない事は技量は無いからって分かっているんやけど、少なくとも自分が満足できる写真は、センサーサイズに左右されない。と感じさせてくれたカメラ。

お出掛けのお供として軽くて最高の相棒になりました。気軽に持ち出す事が出来、一般的な標準レンズなのに望遠側でもF値が2.8と明るくて良かった。

普段は、これで十分。でも、換算100mm以上を撮りたいとなってくると、距離が足らない。レンズを変えたい。けど、替えれない。

Panasonic LUMIX G6(中古品)

一眼スタイルだけど、小さくて軽い。標準ズームレンズも単焦点レンズも小さくて軽い。

中級機からすると、Canon EOS Kiss X7やNikon D5100、D5300クラスに似たボディを思わせるボディサイズだけど、APS-Cはマイクロフォーサーズより、センサーが大きいからレンズが大きくなるみたい。

魅力的なカメラも多くて興味もあるけど、色んな意味を含めて、マイクロフォーサーズが自分に向いてるカメラなのかも知れないと最近は思う。

小さいセンサーサイズの恩恵を望遠側でも満喫したいと思う。これなら、根性なしの自分でも複数のボディと複数のレンズを持ち出しても大丈夫。のはず。

Panasonic LUMIX GX1(中古品)

古いカメラだけど、お散歩用にサブカメラになっているLUMIX GX1。

14mmの単焦点レンズを付けて、iPhoneやコンデジ代わりに撮ってるけど、使い勝手が良くて満足。

元々は、ボディ内手ぶれ補正に興味が出たLUMIX GX7。今ではこれもちょっと古いけど、凄く興味がある。ボディ内手ぶれ補正の恩恵が、自分にどれだけあるのか?

そう思いながら、機能は古いけど見た目と中古価格で買ってしまったGX1、凄く気に入ってるけど、ファインダーが無い。さっさと、LUMIX GX7を買え!って話なのかも。

外付けファインダーもアリなのか?でもボディ内手ぶれ補正の恩恵の代わりにレンズを頼るしかない。

さいごに

今、本命の超望遠レンズを検討しながら、単焦点レンズで楽しんでいるんだけど、LUMIXからM.ZUIKOのレンズを使ってみると、予定は無いけどOM-DかPENとか使ってみたくなる。

個人的には、焦点距離が短い撮影では、(満足度が)どれも変わらない感じ。一眼レフでもミラーレス一眼でも同じ。やっぱり、撮りたいレンズから選んだ方がいい写真に出会えるのかも。

いま所有している、唯一のM.ZUIKOのレンズは、45mm単焦点レンズの、M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8。

このままマイクロフォーサーズでいくなら、OLYMPUS OM-D E-M1とかPEN E-P3もいいね。欲しくなる。レンズも欲しいね。

身軽に広角から超望遠を楽しもうとマイクロフォーサーズに手を出したけど、一体、何処へ向かっているのだろうか?

と思いながら、夢見る構想はもう一つある。酔いも醒めてきたね。

今夜はいい夢見れるかな?